仙台銀行の利用場所

宮城県には「仙台銀行」という第二地方銀行があります。本店は宮城県仙台市にあり、同じ仙台市に本店を置く七十七銀行に継いで2番目の規模を持つ銀行です。仙台銀行の支店は全国に72店舗ありますが、県外にあるのは東京支店のみとなっていて、県内での営業に力を入れている銀行であることがわかります。支店が多いと、お金に困ったときや、仕事の休憩時間や買い物のついでに、と利用したいタイミングで立ち寄ることができて便利です。

仙台銀行はバリアフリーに力を入れていて、障害者専用駐車場設置や多目的トイレの設置など様々な状況の方が気軽に利用できる環境づくりをしています。また、仙台銀行では「どこでも窓口」を導入しています。これは、トラックに窓口業務設備やATMを乗せて各地を巡回する移動店舗で、津波被災地や店舗が離れている地域を主に巡回しています。利用できるサービス内容は実際の窓口とほぼ同等なので便利ですし、車を運転できない方や、お年寄りの方などでも利用ができるのは嬉しいですよね。

更に、仙台銀行はATMサービスも充実しています。七十七銀行や地元の信用金庫など6つの金融機関と提携した「みやぎネット」、福島銀行・大東銀行(福島県)・きらやか銀行(山形県)と提携した「東北おむすび隊」、岩手銀行と提携した「グリーンネット」というATM提携サービスを結んでおり、それぞれのATMでお互いのキャッシュカードが使え、引出し手数料も無料になります。ですから、近くに仙台銀行のATMが無くてもキャッシュカードを持っていれば提携金融機関のATMで利用手数料が無料でお金を引出すことができます。また、コンビニのセブンイレブンなどに設置されているセブン銀行ATMでも利用できます。セブンイレブンはほぼ全国にあるので、旅行などで遠出した際でも安心です。

データ通信・システム構築事業の大手であるNTTデータが仙台銀行向けに提供する最新システムを導入してから、セキュリティーが強化されると共に情報処理がとてもスムーズになりました。それにより、窓口で各種サービスの案内が早くなったりウェブでのサービス提供が充実したりとメリットが増えています。